トレーニングマット

運動

ダイエットに必須!トレーニングマットを選ぶ4つの基準とおすすめ3選

こんな人は見てください!

自宅でトレーニングしてるけど...

  • 床に足が当たって痛い
  • 床に膝が当たって痛い
  • 床にお尻が当たって痛い

私は自宅でのトレーニングが基本なのですが、今まで同じような悩みを思っていました。

しかし、今回紹介するアイテム「トレーニングマット」を取り入れてからは悩みが全て吹き飛びました。(笑)

この記事では、

・トレーニングマットのメリット
・トレーニングマットの選び方
・おすすめのトレーニングマット
・トレーニングマットを活用したおすすめトレーニング

これらについて解説していきます。

おそらくこの記事に辿り着いたあなたはトレーニングマットを購入しようと考えてるはずで是非この記事を見て検討してくださいね。

 

トレーニングマットのメリット

この章ではトレーニングマットを活用するメリットについて紹介します。

メリット

・体への負担を軽減できる
・防音効果がある
・床を傷つけずに済む

 

メリット1. 体への負荷を軽減できる

1つ目のメリットは「体への負担を軽減できる」ことです。

床や畳の上でトレーニングをすると直接床や畳に接している箇所への負荷がかかってしまいます。

しかし、トレーニングマットのクッション効果によって体への負担を和らげることが出来ます。

過去に私は床の上でトレーニングを行っていました。膝を床につけて腕立て伏せやお尻を床につけて腹筋をしていたんですが、当時は本当にトレーニングが辛くて継続できなかったのではなく、床に接している膝やお尻がすごく痛くてなかなかトレーニングを継続する事が出来ませんでした。

ただ、トレーニングマットを使うようになってからは床に接していた膝やお尻が痛くなくなり、トレーニングに集中する事ができ、しっかりと成果が出てきました。

トレーニングマットを活用して体の負担をできるだけ減らしながらトレーニングをやっていきましょう。

 

メリット2. 防音効果がある

2つ目のメリットは「防音効果がある」ことです。

マンションやアパートに住んでいる方が自宅でトレーニングの際に気を付けることに隣や下の階への音がありますよね。自分では意外と気付きにくい音が響いていると、ご近所トラブルの原因にもなるでしょう。

トレーニングマットには防音効果があるので、ある程度ですが、音を気にせずトレーニングを行うことができます。

騒音が原因で自宅トレーニングが出来なくなることは凄く悲しいのでしっかりトレーニングマットで対策しておきましょう。

 

メリット3. 床を傷つけずに済む

3つ目のメリットは「床を傷つけずに済む」ことです。

トレーニングマットは床や畳が器具で傷つくのを守ってくれる効果もあります。

例えば、使用後の重いダンベルを床に置きっぱなしにしていると自宅の床が傷ついてしまいますよね。

私の自宅には腹筋台を置いているのですが、しっかり下にトレーニングマットを敷いています。(笑)

もし器具を置く際は必ずトレーニングマットを下に敷くようにしましょう。

 

トレーニングマットを選ぶ4つの基準

この章では、実際にトレーニングマットを選ぶ4の基準について解説していきます。

選ぶ4つの基準

・滑り止め加工がされているのか
・厚みがあるのか
・自分にあったマットの素材なのか
・収納できるのか

 

基準1.滑り止め加工がされているのか

1つ目の基準は「滑り止め加工がされているのか」です。

滑り止めの機能がしっかりしていれば、バランスを崩して怪我をしてしまうというリスクを下げることができますし、正しいフォームでのトレーニングを手助けしてくれるため、トレーニングの精度の向上にも役立ちます。

実際に滑り止めが無いトレーニングマットを使っていた方に聞いた話ですが、滑ってしまって、これ以上滑って体制を崩して怪我しないようなフォームをしていた結果、変なところに筋肉がついてしまったと言っていました。

怪我をしないためにも正しいフォームをするためにも滑り止め加工は凄く重要になります。

 

基準2.厚みがあるのか

2つ目の基準は「厚みがあるのか」です。

トレーニングマットは厚ければ厚いだけクッション性も高く安全性が増します。

しかし、スペースをとるため、収納や持ち運びは不便になります。

実際に使用していますが、クッション性がしっかりしていますし、収納にも困らない丁度良いサイズ感です。

 

基準3.自分にあったマットの素材なのか

3つ目の基準は、「自分にあったマットの素材なのか」です。

トレーニングマットの素材は実は様々な種類があるので、自分のあった素材を選ぶようにしましょう。

・弾力性
・臭い
・洗えるのか
・価格

これから代表的な素材についてそれぞれ解説していくので、自分にあった素材はどれなのか確認してみてください。

 

ポリ塩化ビニル

トレーニングマットの素材としてよく使われるのが、ポリ塩化ビニルです。

特徴

・安価な素材
・カラーが豊富

欠点

・水に弱い

こんな人におすすめ

・ダイエット初心者
・トレーニングマットを購入したことがない人

ポリ塩化ビニルのトレーニングマットは安価な素材でカラーが豊富なので、これからダイエットを始めたい方にはおすすめの素材です。

 

ポリマー環境樹脂

ポリマー環境樹脂はその名の通り環境にも優しく、燃やしてもダイオキシンが出ない素材です。

特徴

・環境に優しい
・水洗い可能

欠点

・少し値段が高い

こんな人におすすめ

・環境意識が高い人
・清潔さを保ちたい人

少し値段が高くなりますが、環境意識の高い方や清潔感を保ちたい方にはおすすめです。もし少し激しい運動を行い汗が垂れるようであれば特におすすめです。

 

天然ゴム

ゴムの木の樹液から作られる、天然ゴムもトレーニングマットの素材に用いられます。

特徴

・環境に優しい
・強度や滑りやすさが他と比べて優れている

欠点

・他と比べて重い
・水洗いが難しい

こんな人におすすめ

・トレーニング中に滑りにくさが欲しい人
・ダイエット中級者

強度や滑りやすさが他と比べて優秀なため、激しい運動を行う方にはおすすめです。初めてトレーニングマットを購入する方は正直これは選ばなくていいですね。

 

二トリルゴム

トレーニングマットの素材として、ポリ塩化ビニルに次いで用いられているのが、ニトリルゴムです。

特徴

・弾力性に優れている
・耐久性が高いので激しいトレーニングに用いても長持ちする

欠点

・価格が高い
・水洗いに向いてない

こんな人におすすめ

・ダイエット中級者
・激しいトレーニングをする人

ダイエット中級者で激しめの運動を行う方にはおすすめです。初心者の方は買わなくていいですね。

 

マイクロファイバー

デザイン性の高さを求める方におすすめな素材が、マイクロファイバーです。

特徴

・吸水性、速乾性に優れているので水洗いが可能
・デザインが豊富

欠点

・マットが薄い商品が多いので床の硬さを感じやすい

こんな人におすすめ

・アイテムのデザインにこだわる人
・ヨガをメインにする人

ヨガを行うならマイクロファイバーのトレーニングマットがおすすめです。特にヨガ教室に行く方はデザインも豊富なのでおすすめ。

 

熱可塑性エラストマー

熱可塑性エラストマー(ねつかそせいえらすとまー)とは、ポリマー環境樹脂と同様、燃やしてもダイオキシンが出ない素材です。

特徴

・弾力性に優れている
・軽量
・水洗い可能

欠点

・価格が高い

こんな人におすすめ

・素材に妥協したくない人

絶対に素材に妥協したくない方は熱可塑性エラストマーを選びましょう。

 

基準4.収納できるのか

4つ目の基準は、「収納できるのか」です。

・かさばらない
・邪魔にならない
・扱いやすいといった利便性

これらを重要視するであれば、収納の仕方で選びましょう

トレーニングマットの種類

  • ロールタイプ:巻いて収納できる筋トレマット
  • 折りたたみタイプ:折りたたんで収納できるマット
  • ジョイントタイプ:分解できるトレーニングマット

持ち運ぶならば、抱えて運びやすいロールタイプが便利なため、おすすめです。

自身のスタイルに合わせて選んでくださいね!

 

初心者おすすめのトレーニングマット3選

この章では、初心者の方におすすめのトレーニングマットについて紹介していきます。

自分が納得するものを購入してくださいね!

ここで紹介しているものは比較的安価なので一度買ってみるのもありだぞ!

 

ヨガマット 10mm 収納ケース付き トレーニングマット

トレーニングマット

10mmの厚さが膝や腰の負担を軽減してくれます。
ヨガ以外にもピラティスやストレッチなどの様々なトレーニングに適しています。

商品の仕様

本体サイズ(約):
使用時 長さ180×幅60cm 厚さ10mm
収納時 直径17×幅60cm(出荷時の大きさになります)
※商品によっては数センチの誤差が生じる場合がございます。
本体重量(約):800g
本体素材:NBR(ニトリルゴム)
本体カラー:ピンク/パープル/ブラック/ブルー/グリーン/オレンジ/シャンパンピンク/ミントグリーン
付属品:ゴムバンド/収納ケース

ポイント

料金:1998円(税込み)
送料別

 

ヨガマット ケース付 [6mmサイズ]【送料無料】

トレーニングマット

人気のヨガやピラティスに、他店とは違う、体に負担をかけない厚手タイプのヨガマットです。
海外セレブの間でも大ブームのヨガ!ヨガは体と心のリラクゼーションと美容・健康の最新エクササイズです。

商品の仕様

本体サイズ(約):
使用時 長さ173×幅61cm 厚さ6mm
※商品によっては数センチの誤差が生じる場合がございます。
本体カラー:ピンク/ブルー/チェリーピンク/グリーン/レッド/パープル/オレンジ/ブラック/ライトブルー

ポイント

料金:1408円(税込み)
送料別

 

楽天ランキング3冠受賞 ヨガマット 10mm トレーニングマット

トレーニングマット

ヨガ、ストレッチ、筋力トレーニング時に床に敷いていただくことで痛みを軽減、快適なトレーニングをサポートします。
トレーニング器具使用時の保護マットとしても活躍。

極厚断熱構造だから床の冷たさも気にならない構造なので、トレーニング時の床の冷たさや硬さが気になる方にはピッタリのヨガマットです。

商品の仕様

本体サイズ(約):
使用時 長さ183×幅61cm 厚さ10mm
収納時 直径17×幅60cm(出荷時の大きさになります)
※商品によっては数センチの誤差が生じる場合がございます。
本体重量(約):800g
本体カラー:ブラック/アースブラウン/インディゴブルー/ジャンゴーグリーン/コーラルレッド/チェリーピンク
付属品:メッシュキャリーケース、キャリーバンド

ポイント

料金:1580円(税込み)
送料別

 

トレーニングマットを活用したおすすめトレーニング3選

トレーニングマット

この章では、トレーニングマットを活用したおすすめのトレーニング方法を紹介します。

・プランク
・クランチ
プッシュアップ

それぞれ解説していきます。

 

プランク

1つ目は「プランク」です。

プランクは、両ひじを床につけて体を一直線にキープするだけで、お腹を中心としたインナーマッスルに負荷を与えられるトレーニングです。

プランクの手順

  1. 両ひじと両ひざを床につけ、スタートポジションをとります。
    このとき、ひじを置く位置は肩の真下になるようにしてください。
  2. 腰の位置を安定させたまま、片方ずつ足を伸ばします。
  3. 両ひじで体を支え、体幹がぶれないように気をつけながら体を一直線にします。
    この状態をできる限り限界がくるまでキープしましょう。

ポイント

60秒×1セット

プランクはまずは60秒を目標に行ってください。できるようになれば目標を30秒ずつ伸ばしていきましょう。

お腹痩せにすごく効果的なので2日に1回は行いたいですね。

 

クランチ

2つ目は「クランチ」です。

クランチにはいくつか種類がありますが、今回は腹直筋を中心に鍛えることができるノーマルクランチを紹介します。

クランチの手順

  1. 仰向けに寝転がり、膝を90度に曲げて足を上げます。
  2. そのまま腰が上がらないように、肩甲骨の辺りから上体を起こし、数秒キープします。
  3. 息を吸いながら、上体を元の位置まで下げます。

ポイント

10回×3セット

まずは10回3セットを目安に頑張っていきましょう!
余裕がでてきたら回数やセット数を増やしてくださいね。

お腹をしっかりとへこませることと、腹筋を使うように意識しながらトレーニングを行うことがコツです。

 

プッシュアップ

3つ目は「プッシュアップ」です。

プッシュアップにはいくつか種類がありますが、今回は大胸筋が鍛えられハリのある胸元が目指せる膝付きプッシュアップを紹介します。

プッシュアップの手順

  1. 四つ這いになり、つま先を床から浮かせます。
    腕は肩幅より大きく手を広げ、床につけます。
  2. 腕をまっすぐ伸ばし、頭から膝までが一直線になるようにします。
  3. ゆっくりと腕を曲げながら上体を床に近づけ、元に戻します。

ポイント

10回×3セット

まずは10回3セットを目安に頑張っていきましょう!
余裕がでてきたら回数やセット数を増やしてくださいね。

膝を付いて行うので、腕の筋肉に自信がない方でも挑戦しやすいエクササイズです。行っているときはお尻が上がらないよう注意しましょう。1分間に10回のペースが目安です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

この記事では、

・トレーニングマットのメリット
・トレーニングマットの選び方
・おすすめのトレーニングマット
・トレーニングマットを活用したおすすめトレーニング

について紹介しました。

今後のダイエットライフに活かしてくださいね。

-運動

© 2021 全力ダイエット情報サイト Powered by AFFINGER5